2011年09月07日

カラー



台風が猛威をふるいながら
始ったセプテンバー。

開催が心配された
別冊UTA-KAI上野水上野外音楽堂。

9/3
無事に開催されました。



ku3.JPG


今回で44回目のUTA-KAI
その中、9回目の上野野音。

ということでしたね(確か)

僕も長いことこのイベントに参加させて頂いてますが、
今回、それぞれ色は違えど、
最高峰とも言える12組のアーティストの顔ぶれ。

それはお客さんの数にも反映されていたかと思います。


ku2.JPG


お昼12時半からの開演にもかかわらず
この風景です。

長丁場。
UTA-KAIというイベント自体を
見に来て頂いていると感じ、
深い感謝と敬意の気持ちを伝えずにはいられません。

SIOバンドもツアーを経て
よりいっそう結束が高まっております。

良いステージでした。

来年の話ですが
2/11のワンマン@渋谷BOXX
何卒よろしくお願いします。



そして近々の話、
今後参加するライブです!!

●9/11(日)松来未祐
ワンマン@吉祥寺CLUB SEATA
http://seata.jp/

■公演時間:
一部 OPEN 13:00/START 13:30
二部 OPEN 17:30/START 18:00

■チケット価格:4,000円(税込) ドリンク代500円(税込)別
■席種:オールスタンディング(券面整理番号順入場)

■問合せ:support_exa@excite.jp

一般販売
受付:8月27日(土)時間未定


●9/18(日)miwa
@海の中道海浜公園野外劇場(福岡市東区)

開場 : 11:00
開演 : 13:00

http://www.kyodo-west.co.jp/higherground_2011/

●9/21(水)SIO

[時間] 18:30open/19:15start
[会場] 天窓.comfort
[出演] SIO with BAND(アコースティック)/今津直幸(ZILcoNIA)
[料金] 前売¥3,000/当日¥3,500(ドリンク別)
[チケット] ※ 入場整理番号あり
※ お席のある会場です、定員になり次第終了させて頂きます。お早めに御予約下さい。
・8/21 窓空会場にて販売
・イープラス
・メール予約 8/22〜 
[その他] ・セッションあり
・当日限定のオリジナルカクテルあり


※SIOさんのバースディです。



●9/28(水)マリンボトル
@吉祥寺planet K

[TImeless Rhythm]
出演 : マリンボトル / スメルマン / Gramercy / 松原隆行 / pipoo

open 18:30 / start 19:00
Advance 2,000yen / Door 2,500yen


※OBTバースディです。


何卒よろしくお願いします。



[ TV出演のお知らせ ]

■9/17(土)
miwa
TBS 「COUNT DOWN TV」25:13〜25:58

miwaの新曲披露です。

※地域により放送日時が異なる場合があります。
 予めご了承下さい。



ku.JPG


夏の終わる直前。

目に焼き付けておきたいカラーです。


もう9月だね
今年は色々あったね

なんて年末感は野暮ですが
来年、またその先と、
無事にこのカラーを見終えて、
次の季節にタッチできるように
美しい大地が保たれるよう願います。


ku4.JPG


初めて立って、歩いて
触れたニホンの夏。

憶えているだろうか。






posted by オバッちゃん at 03:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オバタ兄さん、8月の嵐のような一ヶ月、お疲れ様でした♪
9月になり、ここから涼しくなる…と思いきや、今日は日がさんさんと輝いています…
実は、今日までの三日間、映画のエキストラに参加しています。
伊坂幸太郎という、千葉出身ながら、仙台に住み、仙台を愛し、仙台を舞台にしたミステリー作家がいるのですが、その伊坂幸太郎原作の作品に参加しています。
監督は、同氏原作のアヒルと鴨のコインロッカー、ゴールデンスランバーや人気シリーズのチームバチスタの栄光、今年公開の3D怪物くんなどを手掛けた中村義洋監督、音楽は両氏とは三作目のトリオとなる斎藤和義さんです。
この『ポテチ』という作品は、短編ですがオール仙台ロケで、ゴールデンスランバー(震災の影響で放映されませんでしたが、近々放映されます)に続いてエキストラに参加しました。
もの作りって、やっぱり素晴らしいですね。
それが何であれ、共通の目的を持ち、一つのものをこだわり、丹念に作り上げる。
そこまでには様々な苦労もあり、笑いや感動もある。
そして何より繋がりがある。
助監督の平林さんという方が、三年前にエキストラに参加したことを覚えててくれていたんです。
覚えていてくれたというよりも(勿論それも大きいですが)、やっぱり一つ一つに全力であり、思い入れもあり、向き合っているんだなって感動しました。
映画や音楽、絵みたいなものって、必要不可欠なものではないんですよね。
ただ、作り手の思いや気持ち、表現や熱さ次第で必要以上に強くできる。
おこがましい言い方かもしれないけど、伝える側に回った時にオバタ兄さんの気持ちや熱くなれる理由が僅かだけど分かった氣がしました。
感動してもらう為には自分も感動しなければならないのかもしれませんね。
台風一過やなんやらで、まだ暑い日が続くかもしれませんが、オバタ兄さんの熱さで、暑さに負けずに9月も乗り切ってください!
そういや、aikoの歌に『September』という、彼女のやっていた深夜ラジオから生まれた歌があるのを思い出しました…。
整いました!
エキストラやボランティアのスタッフとかけまして
野党と解きます
そのこころは?
どちらも『せいさくを助ける』でしょう
Posted by 「あいつ」 at 2011年09月07日 11:05
恒例のUTA-KAI♪
時々降った台風の雨にはビックリだけど、帰り道の豪雨は反則(*_*)
好きな人たちがいっぱいで楽しかったです☆

28日の松原さんって、前に数回見たことある人だ!!
松来未佑さんもあるし、オバタさん大忙し楽しそう♪♪

頑張ってくださーい。
Posted by メロン at 2011年09月08日 21:06
>「あいつ」さん
たくさんコメントしていただいてありがとうございます。
どんなかたちでも
作品に参加できることは素晴らしいことですよね。
放映始りましたらチェックしますね。

>メロンさん
悪天候の中ご来場ありがとうございました。
ライブは無事に終了出来て良かったです。

しかしとどめの豪雨にはまいりました。
大丈夫でしたか?

そうです
以前サポートしていた松原くんです。

もしよかったら28日
来ちゃって下さい!
Posted by オバタ at 2011年09月12日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。