2012年03月12日

いること

sakyu.JPG

3/11

この春に引っ越してしまう
甥っ子姪っ子を見送って来ました。

事情があって姉夫婦が
関東から福岡へ移住してしまうのです。

ちっちゃい頃から見て来た彼等なので
次会うのはいつかなぁ
なんて思って
娘も連れて行って来ました。

記念写真でも撮ろう
なんて楽観しておりましたが
相手は子供のプロ。

あっちが騒げばこっちが泣き出し
結局まともな写真は一枚も撮れず。

でも、こんなことも
将来笑って話せたらいいな
なんて思って見送ったのでした。


あれから特に
人のことを思う1年でした。


顔を見る
声を聞く
心に触れる


そこにいる
いてくれる


これからもそうでしょう。


僕はツアーで行くこともあるだろうけど
別れを惜しむ両親(ジィジとバァバ)
の寂しさはいかほどか。



今年はたくさん実家に
顔を見せに行こうと思います。




先日テレビ収録の合間に
楽屋でメンバーに楽器を演奏してもらいました。
お正月にこのブログでもアップした曲にそのまま
カブせる感じで。

短時間でも楽屋でも
良いものは出来る。


「綿帽子」

Vo.AG オバタコウジ
Bass  紺野光広
Key. 田中大介
Drums. 佐藤大輔


Recorded at TBSの楽屋

メンバーに感謝します。




「綿帽子」 詞/曲 オバタコウジ

澄みきった空に 飛行船の影 街を見下ろす
忘れそうな思い出も 
彼方に向けて飛んで行けたら

明日になれば 離ればなれさ 簡単なものさ
隠れてる想いなら 
胸に抱いたまま行くだけ

まばたきの合間に
風 走り抜けて

不意に手に取った言葉が綿帽子のように
はじけ飛んで 漂って 空に向かう
手を離したら 前を向いて
きっと寂しさが残るから

綿帽子が今は 花を咲かす

手を離したら 羽根広げて
きっと寂しさは消えるから
posted by オバッちゃん at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

素敵。
素晴らしいです!



「想いを馳せる」
って日本語、好きなんですけど、
言葉にしてなくても…そういうことです。


感謝☆
Posted by ナオ at 2012年03月12日 17:45
>ナオさん
ありがとうございます。
出会いと別れの季節ですね。

まだ冷えますが
心は暖かく過ごしたいです。
Posted by オバタコウジ at 2012年03月18日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。